アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラナミシジミは喜界島では3月の海岸でよく見かける

■ウラナミシジミは北海道南部以南で見られる蝶で、
羽の裏に波状の模様があるのでこの名前がある。
外国ではアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アフリカでも見るという。
移動性が高い蝶で、春から秋にかけて次第に北に生息範囲を広げ、
冬は寒さで死ぬ。
西日本の温暖地では一年中見られるが、東日本では夏から秋にかけて見る。
食草は広い範囲のマメ科植物。
■写真は喜界島で3月末に撮影した。
3月下旬には喜界島の北部の海岸でよく見かける。
海岸のマメ科植物を食草としているのではないかと思われる。
奄美大島ではアマミウラナミシジミを見ることの方が多い。
アマミウラナミシジミの解説と画像に関しては、
SRS研究所の3D昆虫園の次の記事を参照のこと:
「113■アマミウラナミシジミは九州南部以南に住む
     /シジミチョウ科/小さい旅120/パラレル法」
http://www.srs21.com/3d_insect/pages/113-insect-amamiuranamishijimi-1.htm
ウラナミシジミ
[070331]鹿児島県大島町喜界町。喜界島トンビ崎。
チョウ目シジミチョウ科ウラナミシジミ属ウラナミシジミ(裏波小灰)。学名Lampides boeticus。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/523-4ff9efff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。