アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラが集まるムラサキカッコウアザミの大群落もここが最後か(奄美大島、07年3月)

本ブログの前項の記事
「ムラサキカッコウアザミで吸蜜するアサギマダラは年々減少中(奄美大島、07年3月)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-532.html
で示したように、ムラサキカッコウアザミは
奄美大島の一部で野生化して群落を形成している。
写真はその一例で、畑地の一面にムラサキカッコウアザミが繁茂している。
これらは雑草として生えているのであって、決して栽培しているのではない。
ここ数年の傾向を見ると、このような群落はどんどん消えつつあるので、
ここが最後の大群落ではないかと思う。
消える理由は、他の植物との戦いに負けたり、
土壌の条件が時の経過とともに変化して、
この植物の好まない条件になっていくからであろうと思われる。
実は、アサギマダラはこのような大群落ではあまり見かけない
(全く来ないわけではないが)。
アサギマダラは陽射しに弱いので、亜熱帯の地では特に、
完全なオープンスペースの場所を好まないからだ。
ムラサキカッコウアザミ
[070327]鹿児島県大島郡住用村神屋。奄美大島。
キク科カッコウアザミ属ムラサキカッコウアザミ(別名オオカッコウアザミ)。学名Ageratum houstonianum Mill。園芸種の場合は、アゲラタムと呼ばれることが多い。
SRS研究所の3D植物園には以下の記事があるので、参照のこと:
「Asagi9■ムラサキカッコウアザミで吸蜜する奄美のアサギマダラ 」
http://www.srs21.com/3d_insect/asagi_pages/asagi-009-murasakikakkouazami%20no%20hana.htm
「Asagi54■ムラサキカッコウアザミでのアサギマダラの吸蜜(2)(奄美大島4月)
/鹿児島県/住用村/小さい旅147/パラレル法」
http://www.srs21.com/3d_insect/asagi_pages/Asagi-054-murasakikakkouazami.htm
本ブログの過去の沖縄での記事も参照のこと:
「大国林道のムラサキカッコウアザミは減っていた(アサギマダラの吸蜜植物)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-481.html
本ブログの「画像による総合目次」および地域別の画像目次がSRS研究所のHPにあります。SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/533-ad41b6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。