アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマボッスは海岸の岩礁で見事な花園を作る(喜界島、3月)

■ハマボッスは北海道から九州まで日本各地の海岸に分布する越年性草本。
高さは10-40cmになる。
葉は厚く肉質。葉の形は細長く先端部がやや幅広い(倒卵形または倒披針形)。
花は茎の頂上近くの葉腋に一つずつ付き、全体として総状花序をなす。
この形が仏具の払子(ほっす)に似ているので浜払子と呼ぶ。
開花は5-6月。
■写真は珊瑚礁が隆起して出来た喜界島の海岸の岩礁の上で撮影したもの。
土壌のほとんどない岩礁の上で円状の見事な花の集まりを形成していた。
喜界島では本州よりも一足早く3月下旬にハマボッスの見事な花序が観察された。
但し、成長の度合いは株毎に全く異なるので、
次々と時期をずらしながら、開花をしていく様子をかなり長い期間楽しめるそうだ。
ハマボッスが群落を作って開花を競っている様子は、
海岸植物の美しさの代表的な一例である。
開花の時期は奄美大島も喜界島もほぼ同時期である。
ハマボッス
[070401]サクラソウ科オカトラノオ属ハマボッス(浜払子)。学名Lysimachia mauritiana Lam。鹿児島県大島郡喜界町(喜界島)の空港近くの海岸。
本ブログの「画像による総合目次」および地域別の画像目次がSRS研究所のHPにあります。SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/538-bd39ed75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。