アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウコスミレは奄美諸島で普通に見るスミレ(喜界島、3月)

■トカラ列島以南に分布するスミレの一種。
畑地、庭、路傍、草地などに普通に生える多年草草本。
花弁は長さが10-17mm。
花の色は淡い紅紫色から濃い紫色まであり、変化が多い。
花が白色のものをシロバナリュウキュウコスミレとして区別することがある。
■喜界島でも奄美大島でもよく見かける種である。
リュウキュウコスミレ
[070401]鹿児島県大島郡喜界町。喜界島。
スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ。学名Viola yedoensis var. pseudo-japonica。
本ブログの「画像による総合目次」および地域別の画像目次がSRS研究所のHPにあります。SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/539-a6358416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。