アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリタテハの南西諸島亜種が喜界島で日向ぼっこ(喜界島、4月)

■ルリタテハは日本では北海道以南に分布する瑠璃色の帯が美しい蝶。
東アジア、南アジア、インドにも分布する。
トカラ列島以南のものは南西諸島亜種、
屋久島、種子島以北のものは本土亜種とされる。
■喜界島はトカラ列島の南の奄美諸島に属するので、
ここのルリタテハは南西諸島亜種となる。
06年の春、喜界島には異常に多くのルリタテハがいた。
07年の4月、昨年ほどではないが、やはり多くの個体がいる。
写真は、神社の鳥居に止まって、日光を浴びている様子。
このときには、頭を下にして止まっていたのが特徴だ。
一般にルリタテハはなわばりを作る傾向が強い。
したがって、一度出逢うと、以後しばらくは、
毎日同じ場所で出逢うことが出来る。
なわばり(テリトロー)に他の蝶が来ると、
追い払おうとすることも少なくない。
このときは、アカタテハを追いかけていた。
ルリタテハ
[070426]鹿児島県大島郡喜界町。喜界島。百之台。
タテハチョウ科ルリタテハ属ルリタテハ(瑠璃立羽)。学名Kaniska canace ishima (Fruhstorfer, 1899)←南西諸島亜種。[注:本土亜種はKaniska canace no-japonicum (Von Siebold, 1824)]。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/670-b7075b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。