アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜界島の志戸桶のあたりには雑草の大繁茂エリアがある

■喜界島は奄美大島の東の海上25kmほどのところにあり、
気候条件には類似点も少なくないが、
植物の繁茂の状況を細かく見ると、
かなりの違いを感ずる側面がある。
その一つが海岸近くの「雑草」の繁茂の仕方である。
写真はその一例である。
樹木を中心にして複数種の蔓植物が覆い被さって、
大繁茂状態になっている。
本州ではこれに近い状況は、葛が茂るときに見られるが、
その場合は一種の蔓植物であるが、
喜界島では複数種であるところが違う。
中心部には外来種であるランタナが見える。
■写真の場所ではオオゴマダラを特に数多く見ることができる。
それ以外にもシロオビアゲハ、モンキアゲハなどの
アゲハチョウ科の蝶や
ツマベニチョウ、リュウキュウアサギマダラなども見る。
ただし、アサギマダラはここには多くは見られない
(全くいないわけではないが)。
草繁茂
[040427]鹿児島県大島郡喜界町志戸桶。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/736-01581241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。