アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダンの気根にはさまざまな歴史が示されている(アダンNo.2)

■アダンに関しては、本ブログに、すでに下記の記事がある。
07.03/20●「アダンは南西諸島の海岸風景の原型をなす(アダンNo.1)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-475.html
■アダンの作る気根は環境に応じて実にさまざまな形を示す。
写真の場合は、3本以上の幹から出た気根が複雑にからみあっている。
特にそのうちの2本の気根は、お互いに入り込むように伸びている。
いかなる時間経過・歴史でこのような関係が出来たのか非常に興味深い。
■このアダンの木の右下にはモンパノキの枝葉が見える。
実はここで2006年の5月の初めにマークしたアサギマダラが、
宮崎県で再捕獲されたのだ。
NHK総合テレビの番組「クローズアップ現代」では、
その蝶を再捕獲した方の様子が紹介された。
その意味でこのアダンの根のある場所は記念すべき所でもある。
アダンの根
[040427]鹿児島県大島郡喜界町トンビ崎の近く。
●タコノキ科(パンダナス科)タコノキ属アダン(阿檀)。学名Pandanus odoratissimus。別名シマタコノキ。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/739-2ff85af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。