アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイゼンジナは黄色い花を咲かせる野菜の一種でアサギマダラを誘引する(喜界島。4月下旬。スイゼンジナNo.1)

■スイゼンジナは柔らかい葉を食する野菜の一種。
地域により水前寺草(スイゼンジソウ)、金時草(キンジソウ)、
ハンダマ、などと呼ばれる。
沖縄や奄美諸島ではハンダマと呼ばれ、
九州ではスイゼンジソウ、北陸ではキンジソウと呼ばれる。
葉の裏と茎が紫色であることが特徴。
4~5月に、黄色または黄赤色の花を咲かせる。
18世紀に中国から来たという。
■スイゼンジナはアサギマダラを誘引する植物の一つ。
アサギマダラの標識をする人では、自宅などにこれを植えている人がいる。
また、アサギマダラの飛来を促そうとする施設では、
これを植栽しているところもある。
■喜界島の管原神社のスイゼンジナは、
アサギマダラの標識をしておられる方が植えたもの。
スイゼンジナ
[070429]鹿児島県大島郡喜界町(喜界島)。管原神社。
●キク科サンシチゾウ属スイゼンジナ。別名キンジソウ。学名Gynura bicolor (Willd.) DC。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/747-b80dda3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。