fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

ニリンソウは5月上旬に草葉もろとも消滅(東京にて。5月10日。ニリンソウNo.6)---スプリングエフェメラルの例

■東京都の須藤公園でのニリンソウに関しては、
過去に5つの記事を書いた(前項が最後の記事である)。
3月2日に芽生えを確認し、4月6日に満開状態になり、
4月20日にもまだ開花していた。
その後、5月10日に見たのが写真に示した状態である。
緑の葉はドクダミや笹の葉であり、ニリンソウの葉ではない。
ニリンソウの葉は中央部にわずかに見える
黄ばんで枯れそうになった葉である。
これはニリンソウは3~5月だけ地上部で生育し、
あとは地下に残った部分で生きていることを示す。
すなわち、初夏から翌年の春までは姿を消すのだ。
来年春になるとまた地上に姿を現し、
短い地上の生活を展開するのだろう。
このような植物をスプリング・エフェメラルと呼ぶ。
Spring ephemeralは、春のはかない命、春の短い命というような意味で、
「春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、
あとは地下で過ごす一連の草花」を示す。
ニリンソウ以外にはカタクリなどもその例である。
ニリンソウ6
[070420]東京都文京区千駄木。須藤公園。
●キンポウゲ科イチリンソウ属ニリンソウ(二輪草)。学名Anemone flaccida。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/761-da078f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)