アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雁股の泉は12世紀の源為朝の伝説に関わる泉(喜界島にて)

■雁股の泉は喜界島の北西部にある泉である。
■立て札には以下のようにある。
「保元の乱(1156年)で敗れた源為朝は、
伊豆大島に流され、1165年(永万元年)、
琉球に渡ろうとした途中にしけにあい、
潮流に乗って喜界島の沖合に辿りついたとき、
船上から島をめがめて雁股の矢を放ち、
上陸の後その矢を抜いた痕より
清水が湧き出た。
その泉を雁股の泉といいます」。
■雁股矢(かりまたや)とはやじりの先を二股にし、
その内側に刃をつけたもの。
飛ぶ鳥や走る獣の足を射切るのに用いるという。
宗教儀式にも用いるようだ。
ただし、なぜ為朝がこの矢を島に向かって射たのかは、
上の立て札の記載だけでは分からない。
上陸しても安全が保たれるように祈願の神事として
射たものなのだろうか。
■この遺跡を含めて、喜界島の遺跡群は、
1000年以上の歴史がこの島にあることを示している。
泉
[070429]鹿児島県大島郡喜界町小野津(喜界島)雁股の泉。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのために次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/766-555ee65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。