アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウメジロ(鳥)の巣と卵をシャリンバイの枝の中でみかけた(喜界島にて。メジロNo.1)

■メジロは目の周りに白い輪を持つ全長約12cmの鳥。
日本の野鳥ではミソサザイに次いで大きい。
本州で見られるメジロの亜種の分布は、北海道、四国、九州、対馬、五島列島など。
奄美諸島以南では、リュウキュウメジロが見られる。
■喜界島の管原神社のシャリンバイの生け垣の横を歩いていて、
写真のような鳥の巣を見かけた。
中には可愛らしい白い卵が3つあった。
この卵を撮影している間、2mほど離れたところで、
一生懸命牽制している親鳥がいた。
メジロ卵
[070430]鹿児島県大島郡喜界町トンビ崎。
●メジロ目メジロ科メジロ属メジロ(目白)。学名Zosterops japonicus Temminck & Schlegel。英名Japanese White-eye。
●本州で見られるメジロはZosterops japonicus japonicus Temminck & Schlegel。
奄美大島以南の南西諸島に分布するのは、リュウキュウメジロ:
Zosterops japonicus loochooensis Tristram, 1889。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック http://www.srs21.com/」
喜界島の自然旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Kikaijima.htm
SRS植物図鑑 http://www.srs21.com/blog/blog%20Plant.htm
●ランキングのために次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/778-b9754563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。