アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜界島の春のアサギマダラはシロノセンダングサを好む(4月。雌)

■アサギマダラは渡り(移動)をする蝶である。
アサギマダラが移動する先々には、
それぞれの場所に好みの植物がある。
喜界島ではシロノセンダングサとヤマヒヨドリバナが
代表的な吸蜜植物であるが、
ヤマヒヨドリバナは秋に花を咲かせる。
そこで、春のアサギマダラが好むのはシロノセンダングサが代表的な植物となる。
(これ以外に、モンパノキも好むが、この場合には、
花ではなく、萎れたり枯れたりした葉を好む)。
■写真は喜界島の百之台公園で
シロノセンダングサの花に止まって吸蜜するアサギマダラの姿。
映っているのは雌。
雄の場合には、シロノセンダングサから、
性的な成熟に必要なピロリジジンアルカロイド(PA物質)
を取り込むとされるが、その必要がない雌もよくシロノセンダングサに来る。
アサギ+シロノセンダングサ
[070429]鹿児島県大島郡喜界町(喜界島)百之台公園。
●マダラチョウ科(またはタテハチョウ科)アサギマダラ。学名Parantica sita 。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック http://www.srs21.com/」
喜界島の自然旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Kikaijima.htm

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/782-3338bf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。