アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモジグサで日本初の大分県の猛暑日をしのいで一休みするアサギマダラ(姫島にて。07年5月27日)

■アサギマダラは暑さに弱い。
この日、07年5月27日には、
日本初の猛暑日となった場所があった。
その場所こそ、大分県である。
「猛暑日」とは、35度以上の日のことで、
今年4月に気象庁が初めて設定した。
その初めての適応が大分県でなされたのである。
具体的には、九州・山口地方には、この日、
フェーン現象が発生して、記録的な暑さになった。
姫島はまさにそのまっただ中にあり、
アサギマダラはその中での滞在・移動を余儀なくされたのだ。
大分県の豊後大野市犬飼では36.1度、
宮崎市で35.3度となった。
大分県佐伯市34度、大分市32.7度、
福岡市、山口市は31度まで上がり、
いずれも5月としての最高を記録し、
しかも今年初めての30度以上の真夏日となったのだ。
このような高温のときには、光化学スモッグの発生が危惧され、
さらに、強い紫外線の害も考えられる。
■猛暑の他に、この日は
黄砂の甚だしい日の2日目であった。
実際に、姫島の中の山や海上を眺めると、
かすみがかって見える。
■そんなとき、小川沿いの樹陰のカモジグサの穂に、
アサギマダラが止まって休憩していた。
近づいても動く気配がなかった。
アサギマダラは、高温、紫外線のいずれにも弱い。
その上、黄砂まで降って、
アサギマダラも真底、
暑さにまいっていたのかもしれない。
カモジグサ+アサギマダラ
[070527]大分県東国東郡姫島村。
●マダラチョウ科(またはタテハチョウ科)アサギマダラ。学名Parantica sita 。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック http://www.srs21.com/」
姫島の自然・旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Himeshima.htm
姫島のアサギマダラを守る会の紹介 http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/himeshima.htm
アサギマダラ生態図鑑 http://www.srs21.com/blog/blog%20Asagi.htm
●ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/841-178dfdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。