アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーキングをしたアサギマダラ2頭がスナビキソウで吸蜜(SRS個体。姫島にて)---アイデア「黄砂の影響でダメージを受けるのではないか」

■姫島では、春のアサギマダラはみつけ海岸のスナビキソウに寄る。
写真には、SRS1240とSRS1090と標識(マーキング)をした
2頭のアサギマダラが写っている。
姫島では私の調査によると、
春に北上するアサギマダラは、
およそ3泊4日くらい姫島に滞在して移動していく。
このアサギマダラは前日に標識した個体たちだ。
いずれも雄である。
撮影した日にはすでに大群が移動した後で、
200頭くらいが、スナビキソウ群落にいた。
天気は絶好日和だが、前日とともに、
予想外に個体数が少なかった。
その理由として、この2日間、全国的に黄砂が観察され、
この姫島から大分空港にかけても遠方が見えない状態だった。
この2日間をやけて、黄砂のひどい期間には、
間断なく落下する黄砂+汚染物質で、
敏感なアサギマダラは
人間が想像することができないほどのダメージを
翅や感覚器官に受けて、
通常の渡り(移動)はできなくなるのではないか、
というアイデアを得た。
これがどの程度事実に合致するかどうかは、
今後の検証を必要とする。
スナビキソウで吸蜜するアサギマダラ
[070527]大分県東国東郡姫島村みつけ海岸。
●マダラチョウ科(またはタテハチョウ科)アサギマダラ。学名Parantica sita 。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック http://www.srs21.com/」
姫島の自然・旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Himeshima.htm
姫島のアサギマダラを守る会の紹介 http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/himeshima.htm
アサギマダラ生態図鑑 http://www.srs21.com/blog/blog%20Asagi.htm
●ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/842-9bdff332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。