アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラの幼虫がキジョランで10日間で3例幼虫に育った(姫島。6月3日)

■姫島にはたくさんのアサギマダラが
移動の途中に寄る中継地として知られるようになりました。
姫島の「アサギマダラを守る会」によって、
2006年から新たに藤袴園が作られ、
秋にも多くのアサギマダラが飛来するようになったのです。
その周辺にはキジョランを植えて、産卵も出来るようにしてあります。
2007年には、この場所に春にもアサギマダラが訪れることが分かって来ました。
2007年の5月下旬、その葉裏には数匹の1令幼虫が見られました。
雌が産卵に訪れたのです。
会長の中城信三郎さんは毎日ここを訪れて幼虫の様子を観察しています。
その結果、幼虫はどんどん数が減ることが分かり、
6月3日には、写真の幼虫ただ一匹が残ることになってしまいました。
この様子は私も同行して一緒に観察させていただきました。
幼虫が消えた理由は、
アシナガバチが狩りをするためではないかと推測しています。
■写真は3齢幼虫。体長は約1cm前後で、頭幅は約1.7mm。
黄色の斑点がやや大きくなり、
角が目立つようになっています。
アサギマダラ
[070603]大分県東国東郡姫島村。藤袴園。
■マダラチョウ科(またはタテハチョウ科)アサギマダラ。学名Parantica sita 。
■ガガイモ科キジョラン属キジョラン(鬼女蘭)。学名Marsdenia tomentosa Morr. et Decne。
■キジョランとアサギマダラの幼虫に関しては、以下の本ブログ記事も参照してください:
「07.04/12●沖縄の大宜味村のキジョランはアサギマダラの食痕はあるも幼虫はいなかった(07年3月、沖縄本島)」
   http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-579.html
「06.10/20●アサギマダラはキジョランの葉裏に産卵する」
   http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-183.html
「06.08/05●アサギマダラの食草キジョランの『大樹』」
   http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-76.html
以下は、サクラランの幼虫を示します。
「07.05/11●サクラランの葉にアサギマダラの2齢幼虫がいた(喜界島。サクラランNo.3)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-772.html
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
姫島の自然・旅行体験
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
SRSアサギマダラ生態図鑑
3Dアサギマダラの世界(SRS)
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/858-3b1d635a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。