アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐梯山の裏側を1200mレベルから望む

  磐梯山は1888年(明治21年)に大爆発をし、その頂上が吹き飛んだ。
   その時に噴出飛散した岩石が川をせき止めて、湖沼群を生み出した。
    五色沼を始めとする200を超える湖沼がそれだ。
     秋元湖、桧原湖、小野川湖という3つの大きな湖もこの時に出来た。
      100年以上経過しても、磐梯山の爆裂した頂上は緑に覆われていない。
       画像は裏磐梯の標高1200mの高さから望んだ景色。
        距離にして11.6kmの間がある。
         磐梯山は日々変貌し、日々異なる雲に覆われ、
          無限の変化を見せてくれる。
磐梯山

[060802]  福島県北塩原村桧原荒砂沢山グランデコリゾート。
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/87-e1310446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。