アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年5月2日の奄美大島ではSRS437-489をマーキング・・・誘引の主体はムラサキカッコウアザミ(住用町にて)

■07年5月2日、3月から1ヶ月ぶりに住用町を訪れた。
ムラサキカッコウアザミの群落に意外に多くのアサギマダラが訪れていた。
その結果、SRS437-489の53頭に
移動調査のための標識を行うことができた。
3月にはムラサキカッコウザミに関して、育ちが悪いことを感じていた。
5月に来て見ると、確かにそうなのだが、
それでもそこそこにアサギマダラを誘引していることに感動した。
■写真は、そのうちのSRS487。
ムラサキカッコウアザミの小さい群落を背景としている。
ムラサキカッコウアザミを訪れるのはほとんどが雄である。
■過去のアサギマダラとムラサキカッコウアザミ関連の記事は、
以下にまとめてあるので参照のこと:
07.05/19●「5月にも住用町のアサギマダラは
ムラサキカッコウアザミに飛来する(奄美大島にて)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-810.html
5月2日アサギ
[070502]鹿児島県奄美市住用町三太郎峠。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■キク科カッコウアザミ属ムラサキカッコウアザミ(別名オオカッコウアザミ)。学名Ageratum houstonianum Mill。園芸種の場合は、アゲラタムと呼ばれることが多い。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
奄美大島の自然旅行体験
SRSアサギマダラ生態図鑑
3Dアサギマダラの世界(SRS)
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/885-4ef67198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。