アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガガイモはつやのある細長い葉のつる植物でときにアサギマダラの食草にもなる(姫島にて。6月)

■ガガイモは北海道から九州にかけて分布するつる植物。
国外では東アジアの温帯、暖帯に広く分布する。
ガガイモ属は一種のみ日本にある。
葉は長いハート形。裏面は白色を帯びる。
開花は8-9月頃。
葉の脇から長い柄を出して5つに花冠が裂けた淡紫色の花を総状花序につける。
秋にいぼのある袋果をつける。種子は風で運ばれる。
■主要とは言えないが、ときにアサギマダラの食草になることがある。
他に食草がないときは、ガガイモで育てることが可能である。
■姫島では、アサギマダラの主要な食草はキジョランである。
写真はみつけ海岸から、やや内陸部に入り込んだ路傍で撮影した。
■SRS研究所の3D植物園には、花の画像もあるので、参照のこと。
「32■ガガイモ   ガガイモ科ガガイモ属」
http://www.srs21.com/3d_plant/pages/032_gagaimo.htm
ガガイモ
[070602]大分県東国東郡姫島村。
■ガガイモ科ガガイモ属ガガイモ(がが芋)。学名Metaplexis japonica。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
3D植物園(SRS研究所)
SRS植物図鑑
姫島の自然・旅行体験
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/900-4bd8300d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。