fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

食草であるカラムシで翅を開いて止まるアカタテハ(喜界島。4月29日)

■アカタテハは日本全土に分布する蝶。
インドからオーストラリアにかけて分布する。
年に数回発生し、春から秋まで見られ、冬は成虫で越冬する。
花、腐った果実、樹液、獣糞にも集まる。
食草は、イラクサ、カラムシ、ヤブマオなどのイラクサ科植物。
■喜界島では主にカラムシを食草としているようだ。
時に春から大発生する。写真は百之台公園の近くで撮影した。
■アカタテハについてはSRS研究所の3D昆中園の以下の2つの記事も参照:
 「■アカタテハは「赤い提督」とも呼ばれる俊敏な蝶」
http://www.srs21.com/3d_insect/pages/035-insect-akatateha.htm
 「■ダキバアレチハナガサで吸蜜に没頭するアカタテハ」
http://www.srs21.com/3d_insect/pages/069-insect-akatateha.htm
■カラムシに関してはブログの前項を参照:
07.06.14●「カラムシは古代から植物繊維を
取るために利用された植物(喜界島。4月下旬)」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-916.html
アカタテハ
[070427]鹿児島県大島郡喜界町。
■タテハチョウ科アカタテハ属アカタテハ(赤立羽)。学名Vanessa indica。
■イラクサ科カラムシ属カラムシ。別名 苧麻(ちょま)。青苧(あおそ)。紵(お、を)。
学名Boehmeria nivea。英名Ramie。繊維を取るために栽培される変種をラミーと呼ぶ。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
SRS生物蝶図鑑
3D昆虫園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/917-565aeac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)