fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

ハイビスカス(ブッソウゲ)は奄美大島では年中咲いている(3月23日)

■ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の低木の総称。
変化に富み、多様な交雑種がある。
フヨウ属は北半球の熱帯、亜熱帯、温帯に分布する。
一般にはハイビスカスと呼ばれる種類はブッソウゲの仲間をさす。
花色はオレンジ、赤、黄、白、ピンクなどがあり、
花は直径5~20cm、らっぱ状に開いた花柱に、
花柱が突出しているのが特徴的。
■奄美大島では年中ハイビスカスが咲いている。
その種類は多様であるが、
民家の軒先に見かける頻度が多いのは写真に示す赤い品種。
冬や春先には他の植物の花が少ないので、
南国らしい雰囲気を醸し出すのに役だっている。
一般に栽培されている品種としては沖縄の方が多いように思われる。
■ハイビスカスの花にはアゲハの仲間が訪花することが多い。
ハイビスカス
[070327]鹿児島県奄美市笠利町。
■アオイ科フヨウ属ブッソウゲ(仏桑花、扶桑花、朱槿、桑槿)。学名Hibiscus rosa-sinensis。英明rose of China。Chinese hibiscus。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
奄美大島の自然旅行体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/925-adc41b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)